最新版 プロが教える英検準2級簡単合格法(1次試験)

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash漢検・英検・数学検定

みなさん、こんにちは。みなちかです。

本日は、『最新版 プロが教える英検準2級簡単合格法』と題し、英検準2級の1次試験の学習法と簡単に合格するまでに必要なことをまとめてみました。(2次試験対策は後日アップ予定です

ネット上にも関連するたくさんの記事がありますが、私の場合は、『簡単に合格するだけでなく、短時間でその後の英語の力がしっかりとつく』ような学習法も書いていきたいと思います。

ちなみに私は英検準1級を所持しており、海外への留学経験もあります。自分が経営している学習塾でもこれから書くことは当然実践しており、準2級~5級までは毎回この方法でほぼ塾生全員が合格しています。

【人気記事】 英検のお得なお申し込み方法はこちらから↓

英検3級に関する勉強法はこちらから↓

最新版 プロが教える英検準2級簡単合格法(1次試験)

その1.学習用のテキストは何を買うべきか

学習用のテキストは最新版のものを1冊は用意した方がいいでしょう。

英検用の学習テキストは一般の書店で売っているもので全く問題ありません。

以下の項目が選定基準になります。

 ①CDがついている
②CDの tape script(後述)が解説についている
③文法単元の分かりやすい説明が載っている
④説明ばかりでなく類題も充実している
⑤解答・解説がわかりやすく丁寧

特に英語の基礎力があまりない人は上記の基準を考えながらテキストを選んでみてください。逆に基礎力があり、たくさん問題が解きたい人には上記はあまり向いていないかもしれません。そういう方は過去問集を購入するとよいかもしれません。

その2.まずはリスニングを攻略しよう

3級攻略と同じく準2級もリスニングの勉強から始めましょう。リスニングから始める目的は主に2つあります。

1つ目は、『リスニング力をつけるには時間がかかる』ということです。試験直前に2時間程度やったくらいでは効果は望めません。最低でも2週間、毎日リスニングの学習をしてほしいと思います。リスニングはどうしても後回しにされがちですが大切な得点源になりますのでしっかり時間を取りましょう。しかも、英検準2級はリスニング時に英文を1回しか読んでくれませんので1発で内容を理解できるように『慣れる』必要があります

2つ目は、『準2級のレベルを知る』ということです。英検の特徴として、筆記試験とリスニングテストに難易度の差があまりないのでリスニングを勉強すると同時に筆記試験の勉強にもなります。自分で試行錯誤して読むより、ネイティブの発音を聞いて最初は勉強したほうが、結果的に効果があると考えます。

リスニングが苦手な人や発音・アクセントの問題が苦手な人はリスニングの勉強からやっていません。英語の勉強を文法から入るからリスニングや発音・アクセントの問題ができないのです。

まずは『正確な音を聞き、それを理解する能力を身につけましょう』準2級は3級同様2次試験があり、そこでは試験官が出す質問に答えなくてはいけません。聞き取る能力がなければ、表現することもできませんからね。

ちなみに現状の準2級の問題は、文法や語句、長文に答えるマークシートの筆記試験が37問、指定された質問に対して50語~60語の英文で解答する試験が1問(ここまでで75分)、リスニングテストが30問(約24分)ですので、テストの約40%がリスニングということになります。

リスニングテストは第1部から第3部までそれぞれ問題が10題あり、先ほども書きましたが英文はすべての問題で1回だけしか読まれません。ですから、1回でしっかり意味を取り、正確に答える訓練がどうしても必要になってきます。

その3.リスニングの効果的な学習法

リスニング力は、ただ聞いて答えを出しただけではあまり訓練されません。効果的な学習法がありますので実践してみてください。

まずは正解しなくてもよいのでテキストのリスニング問題を10個くらいやってみます。(20問などたくさんやらないでください)練習の段階では正解したかどうかはあまり重要ではありません。それよりも何を言っているのかがきちんとわかるかどうかの方が大事です。

次に解答を見ます。多くのテキストには解説にtape script(英語で何を言っていたか)が記されていますのでそれを見ながらもう一度CDを聞きなおします。自分がちゃんと聞こえていた問題はもう繰り返す必要がないので、分からなかった問題だけチェックをしておきます。

scriptを見ながら単語や文の意味も分かるようならば覚えたほうがいいでしょう。筆記試験の勉強にもつながります。 できるだけ自分で発音(CDのマネをする)して学習すると効果抜群です。

最後に分からなかった問題だけ再度CDで聞き直します。(その際、自信があればscriptは見なくても構いません)

以上でワンセット終了です。ここまでの所要時間は20分程度だと思います。これをできれば3セット(計1時間)最低でも2週間毎日続けてください。真面目にやれば2週間後には準2級のリスニング能力がある程度しっかりついているはずです。とにかくテスト日まで毎日続けることが重要です。頑張りましょう。

テキストへ解答を書き込んでしまうと2回目、3回目と繰り返しやるときに使い辛くなってしまうのでなるべくノート等を使ってやるようにしましょう。

その4.筆記試験対策

ここまでみっちりリスニングをやってきた人ならば、筆記試験に出てくる単語もある程度わかるものがあると思います。筆記試験の勉強は単語の意味が分かることが最重要ですがよく出てくる単語や言い回しは筆記試験対策として必ず書けるように練習しましょう。

準2級を受験する場合、英語がそれほど得意でない方は、まずはしっかりと中学生の英語の単語・熟語・文法をしっかりと身につける必要があります。これはmustです。

実は、世間一般にあまり知られていない事実があります。

準2級の試験は高校1年生くらいまでの内容が出題されるのですが、中学3年間分の英語の勉強がしっかりと出来ていれば高校範囲の英文法をあまり知らなくても十分合格できる可能性があります。

英検において中学生の文法で特に重要とされるものは以下の16項目です。

中1・・・3単元のS、疑問詞、canを使った文、現在進行形

中2・・・過去形(特に不規則動詞)、過去進行形、未来形、助動詞、不定詞、動名詞、比較

中3・・・受け身、現在完了、不定詞の応用、分詞、関係代名詞

文法の学習と同時にテキストに出てくる単語、熟語、重要なフレーズを暗記していく(できれば書けるようにしておく)ことを忘れないでください。

高校範囲の文法で特に重要な単元は以下の5項目です。以下の5項目は英検2級においても重要な箇所です。

時制、分詞構文、関係副詞、仮定法、話法

高校英語では助動詞や不定詞や比較なども中学校の文法の応用が出てきたりしますので余裕があれば更なる学習ができるといいですね。

リスニング学習で2週間、筆記対策で3週間~4週間、合わせて約1か月半が標準的な準2級取得の学習時間ですが、リスニングと筆記の学習を同時に行える時間がある人は準備期間を3週間程度に短縮することができます。基礎力のある方なら2週間で十分対応が可能だと思います。

英語苦手だし、わからないことが多そうだからと言って、テキストを3冊も4冊も大量に買う必要はありません。自分が買った1冊の問題集でわからないことが出てきたらインターネットやYOU TUBEで検索すると割と解決します。

その5.最後の仕上げ

リスニング対策と筆記対策の勉強を終えたならば実践形式で過去問などを解いてみるのもいいでしょう。実践形式の練習で7~8割くらいとれるようならばおそらく合格できるでしょう。逆に5割くらいの正答率ならばもう少し勉強期間が必要かもしれません。

実戦形式の練習でも、できなかった問題の解説やscriptをしっかりと復習して本番に臨んでください。

最後に筆者おすすめの教材を紹介させていただきます。教材で困っている方は是非使ってみてください。英検対策がこれ一つで完成できます。

バナーをクリックすると教材の詳細ページに飛ぶことができます。

旺文社 英検ネットドリルは、和訳のワンクリック表示はもちろん、 発音及び聴解問題のワンクリック視聴、演習問題の自動正誤判定、 解答・解説の自動表示など、CDを聴いたり、解答・解説集を見る手間が省けます。

さらに、意味の解らない単語にカーソルを当てると英単語の意味が表示される辞書機能、 一度間違えた問題を効率よく復習できる弱点チェックなど機能も充実していて、 これ一つでしっかりと学べるネット教材です。

旺文社 英検ネットドリル3つのポイント

(1)英検受験対策の最高峰である旺文社の 「英検でる順パス単」「英検予想問題ドリル」「英検全問題集及びCD」の準1級から5級までの 全24種類の教材がまるごと収録されています。

(2)デジタル教材ならではの便利な機能が搭載されており、ペーパー教材よりはるかに効率的な学習ができます。

(3)タブレットPCとパソコンがあれば、24時間 いつでもどこでも学べます。

英検は漢検同様、学習量に比例して合格率が伸びていきます。点数が取れなくても地道にコツコツとやっていけば必ず合格できるはずです。万が一落ちたからと言ってあきらめないでください。やったことは無駄になりませんので絶対に次につながるはずです。頑張ってください!

1次試験合格の後には2次試験があります。2次試験に関しては別記事で書く予定です。しばしお待ちください。

では、また。

コメント 【記事に対してのご感想をお待ちしております。】

タイトルとURLをコピーしました